歯のギモンQ&A

歯のホワイトニングについて

Q.何故、歯は変色するのでしょうか?
変色には様々な原因が考えられます。一般的に考えられる原因は加齢やお茶、コーヒー、コーラ、タバコなどによる着色,そして外傷や歯の古い修復物によるものです。また、発育期の抗生物質(テトラサイクリン)の服用による副作用による変色も考えられます。
Q.どんな人でもホワイトニング可能でしょうか?
ほとんどの方が可能です。しかし、それほど効果の無い場合もあります。歯科医師による審査や診断により、あなたがホワイトニングの適応症かどうか診断します。
Q.安全に使用することが出来ますか?
はい。過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングに関しては多くの研究と臨床例が報告されており、また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用することが出来ます。
Q.歯が白くなるまでにどれくらいの期間が必要ですか?
通常は数日後に現れ始めます。個人差によりますが、2週間続けることで効果がはっきりでます。
Q.副作用はありませんか?
一般的ですが、治療期間中に知覚過敏(歯がしみるような状態)がおこる場合があります。その場合も治療を中断することにより症状が軽減するか消失しますので、安心して使用することができます。
Q.効果はどのくらい持続するのでしょうか?
個人差にもよりますが、処置前の状態に戻ることはありません。しかし、カフェインやタバコなどの着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、再度ホワイトニングが必要になりますので、定期的に歯科医師による審査や診断を受け、継続的に使用して下さい。

インプラントについて

Q.誰でも大丈夫ですか?
年齢的には成長期が終わってからが対象となります。また、健康であれば年齢に特に上限はありません。
ただし、糖尿病などの全身性の疾患がある場合は状況によって異なりますので、医師と相談ください。
Q.手術に抵抗があるのですが…
インプラントは専用の器具で精密に外科処置をしますので、一般的に歯を抜くよりも後の治りが良好です。
Q.治療が終わるまでどれくらいの期間がかかるのですか?
インプラントを骨に埋める処置をしてから一般的には3ケ月から6ケ月待ちます。その後、人工の歯の台になる部分をインプラントに繋ぐ処置をして数週間待ってから最終的な人工の歯が入ることになります。
Q.自分の歯のように噛めるのですか?
はい。インプラントはあごの骨にしっかり結合し、その上に人工の歯が連結しますので違和感がなく、ほとんど自分の歯と同じ感覚がよみがえります。
Q.インプラントの寿命は?
インプラントは人体との親和性に優れ、腐食しにくいチタン素材を使用していますが治療後の清掃を怠りますと天然の歯と同様、歯槽膿漏になり抜け落ちることもあります。インプラント治療後は特に口の中の衛生状態に気をつけ定期的に診断を受けることが長持ちさせる秘訣です。
お問い合わせ ご相談 医療最新レポート アクセスマップ 杉浦院長ブログ