矯正歯科

美しい笑顔で、健康的な毎日を。お子さまだけでなく、成人の方もまずは気軽に御相談ください。
矯正装置でお悩みの方へ見えない矯正装置「クリア アライナー(R)」   矯正装置でお悩みの方へ寝ている間に治す「ビムラー矯正」
反対咬合(うけ口)

小学校入学の頃になると前歯が生えてきます。この時期に普通とは反対に、下の前歯が上の前歯より前に生える事があります。このままにしておくと、前歯がぐらついたり、下あごが成長し過ぎて顔の変型が起こることもあります。なるべく早く治療することが良いでしょう。

上顎前突(出っ歯)

前歯が生えてしばらくすると、上の歯に目立つことに気がつくことがあります。ボールをぶつけて歯が折れることや、唇を切ることもあります。放っておくと、前歯がもっと前に出ることもあります。矯正治療を行うと、前歯が下がり、口元もきれいになります。

反対咬合(うけ口)

小学校高学年から中学生にかけて、大人の奥歯が生えてきます。この頃歯並びが凸凹になったり、犬歯が飛び出したりすることがあります。笑うと唇が降りてこないこともありますし、なによりも虫歯、歯周病になりやすくなります。また、歯肉が腫れたり、口臭の原因にもなりますので、早く治療することが良いでしょう。

見えない矯正装置「クリア アライナー」

透明のプラスチック(厚み1mm以下)でできたマウスピースで目立たず、痛みも少ない矯正が可能になりました。
ブラケットやワイヤー(針金)を一切使用しませんので、金属のような装置を口に装着するのに抵抗のあった患者様にも画期的な治療法として注目されています。
実際のクリア アライナー 1mm以下の透明シート状のプレートをデジタル解析した歯型によりマウスピースを製作します。
ブラケット装着 クリア アライナー装着 ●目立たない ●取り外しができる ●違和感が少ない

クリア アライナーのメリット

目立たない

従来の金属の矯正装置とは異なり、クリア アライナーは透明な矯正装置のため笑っても目立たず、自然に笑うことができます。学校や職場で目立つことなく矯正ができます。

取り外しができます

ワイヤーを使用した従来の矯正装置は取り外しができませんが、クリア アライナーは食事や歯磨きの時に取り外しができますので虫歯予防においても優れています。

そのまま保定装置として使えます

矯正歯科治療に使っているクリア アライナーを保定装置としてそのまま利用しますので、新たに違和感が生じることはありません。

同時にホワイトニングができます

従来の矯正治療では、歯並びをきれいにした後にホワイトニング治療を行う必要がありましたが、クリア アライナーの場合、その中にホワイトニング剤を入れることで矯正治療と同時にホワイトニングを行うことができます。

違和感が少ない

ワイヤーやワイヤーを固定する装置がないため、違和感が断然少なく、発音しづらい、装置による口内炎などの心配がありません。

矯正のための抜歯が不要な場合に適しています

クリア アライナーによる矯正歯科は、抜歯をせずに歯を並べられるような患者様にとても有効です。歯が傾いていたり、ねじれていたり、隙間があいているような場合に効果的な治療方法です。

従来のワイヤーを使った矯正治療と併用することもできます

大きく歯を動かす矯正治療についてはワイヤーを使った矯正歯科治療を行い、最後のきれいな歯並びを完成させるための仕上げにクリア アライナーを利用することもできます。そうすることでワイヤーを利用した装置を早期に取り外すことができます。

寝ている間に治す矯正「ビムラー矯正」

ビムラー矯正とは、取り外し式装置をお口の中に入れるだけの歯列矯正法です。装置を口に入れた時、本人の無意識に噛む力を作用させ歯並びを治していきます。痛みはなく小さなお子様でも無理なく取組むことができます。

ドイツのハンス ピーター ビムラー博士によって開発された矯正装置。 無意識に働く筋肉の機能的な力をもとに矯正をするため「機能的歯列矯正法」と呼ばれています。
ビムラー矯正装置
ビムラー症例 Before→After

ビムラー矯正の特徴

見えない矯正

ワイヤー(針金)を付けないのが最大の特徴。「痛くない」「虫歯になりにくい」「歯に矯正のあとを残さない」等、歯に優しい矯正法です。

日中や食事の時は、はずしてOK

毎日寝ている間の装着だけで、相当な効果が得られます。もちろん、装着は、お子様でも簡単。

後戻りしない自然な矯正

ビムラーはアゴの成長を利用して矯正するため、後戻りがありません。より効果的に行うには、早めの対応をおすすめします。

治療期間は2〜3年くらい要します

お子様の成長能力や個人差により効果に差はありますが、1〜2ヶ月に1度の来院で2〜3年くらいはかかります。

骨格的な問題、成長が少ない、歯並びの状況等によってはビムラー矯正が適していない場合があります。十分な診察と相談の上で最適な矯正法、治療計画、適切な費用についてご提案いたします。気兼ねなく相談、お問い合わせください。
お問い合わせ ご相談 医療最新レポート アクセスマップ 杉浦院長ブログ