強い歯レッスン

子供の虫歯予防は8〜9歳までのお母さんの仕上げ磨きがとても大切なのです。

乳歯が永久歯へと生え変わるこの時期は乳歯がグラついてお口の中は不潔になりやすく、
未成熟な永久歯は虫歯になりやすいため、お母さんの仕上げ磨きが必要なのです。
また、子供の虫歯は気づかないことも多いため定期的な歯科医院での指導や
フッ素塗布を受けることが何よりも大切です。

お母さんの仕上げ磨きのポイント

歯ブラシ
鉛筆を持つように持ち、
軽い力で当てましょう。
こんな歯ブラシをえらんでね やや硬めで短い 持ちやすくやや広め
唇を無理に押し広げない
唇を横に無理に引っ張ったり、
歯ブラシを入れたり、歯肉に歯ブラシが
ぶつかると嫌がります。
人指し指を歯肉に軽く当てて、
指に沿って歯ブラシを動かしましょう。
頭をひざの上に寝かせると、口の中がよく見え両手が使えます。
生えきるのに1〜1年半位かかり、歯ブラシが当たりにくい6歳臼歯は特に注意してブラッシングしてあげましょう。
(第1大臼歯)生えてきた6歳臼歯のみがき方 ほっぺたの方から、真横に歯ブラシを入れるとかむ所がきちんとみがける。 たてに入れて磨くのは、奥まで届きにくい。 前歯のうらのみがき方 このかかとの部分を使ってかきだす様にして1本ずつみがく。 スクラッビング法 数ミリメートルの範囲で毛先を細かく動かす。毛先を歯と歯肉の間まできちんとあててね。
お問い合わせ ご相談 医療最新レポート アクセスマップ 杉浦院長ブログ