インプラント

こんな場合、インプラントをお薦めします。

●前歯が1本なくなってしまった●奥歯が抜けてしまった●部分入れ歯で歯に負担感や抵抗がある等という場合、歯を失った部分に天然歯の根の部分の代わりに人工歯根を入れ、再び自分の歯と同じように噛むことができます。健康な隣の歯を削ったりする処置も必要がなく、見た目も自然な新しい治療法です。

インプラントと従来の治療方法との違い

● 前歯部一本欠損の場合… 従来の治療 両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療。 インプラント治療 欠損部にインプラントを埋入し人工の歯を単独で装着。
● 臼歯部から歯が 欠損している場合(遊離端)… 従来の治療 部分入れ歯で治療。健康な隣の歯に維持のための鉤をかけるため、歯に負担がかかります。 インプラント治療 必要な本数のインプラントを埋入し、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジとする。

インプラント治療の流れについて

初診 インプラント治療に関する相談と説明を納得のいくまでいたします。
診査 健康状態に関する問診、口の中の検査、レントゲン写真や歯型の採取。
診断 治療方針、計画の決定と説明をいたします。
手術 外科処置によって顎の骨にインプラントを埋め込みます。3〜6ヶ月後に
インプラントに人工の歯を連結するためのパーツを取り付けます。
人口の歯を製作 技工士さんが一人ひとりに合った人工の歯をカスタムメイドで製作します。
人口の歯を装着、完成 人工の歯をインプラントに連結して完成となります。
歯科医との十分な話し合いの上で進めていきます。詳細は当院へお問合せください。
お問い合わせ ご相談 医療最新レポート アクセスマップ 杉浦院長ブログ